家具のサブスク選びに迷ったらココ!当サイトのおすすめ9選クリック!

    一人暮らしのセミダブルで後悔したワケ5選│後悔しない人の特徴はコレ!

    記事の一部にPRを含みます。
    この記事はこんな人におすすめ!
    • 一人暮らしでセミダブルを買おうか悩んでいる
    • セミダブルで後悔した理由が知りたい
    • 一人暮らしのベッドサイズの選び方を知りたい

    この記事では、そんなあなたの悩みをすっきり解決していきます。

    一人暮らしでセミダブルベッドを使うのに憧れているものの、シングルと迷って決められない・・・。

    なぜなら、ネットでは「セミダブルを買って後悔した」という声をよく目にするからですよね。

    つむぎ

    そこで、セミダブルで後悔した方の声を参考に、セミダブルで後悔しない人の特徴をまとめました!

    この記事では一人暮らしのベッドサイズの選び方も解説しているので、後悔せずに自分ぴったりのベッドを選べるようになりますよ♪

    この記事を書いた人
    • 家具・家電を月10種類レンタルしている30代共働き主婦
    • 家具・家電レンタルの記事を100記事以上書いているサブスクマニア
    • 在宅ワークが多く、家にいる時間をとにかく最高なものにしたい人。
    つむぎです
    目次

    一人暮らしにセミダブルは合わない?後悔した5つの理由

    一人暮らしでセミダブルで後悔した5つの理由

    せっかくの一人暮らし、どうせなら大きめのセミダブルで日頃の疲れを癒したい・・・!

    そんな思いで購入したものの「やっぱり、シングルにしたら良かった・・・」と後悔する場合も。

    実際に一人暮らしでセミダブルを使用した方は、どのような理由で後悔したのか?SNS上で徹底的に調べてみました。

    一人暮らしにセミダブルベッドで後悔した理由

    ①部屋が狭くなる

    まずは、シングルとセミダブルのサイズを比べてみましょう。

    サイズ長さ
    シングル約195㎝約100㎝
    セミダブル約195㎝約120㎝

    「シングルと大して変わらない」と思われがちですが、横幅20センチの差は意外と大きいです!

    お店で見ると問題なく置けそうだと感じても、実際に設置すると「部屋がベッドで埋まった・・・」なんてことも。

    うさコ

    他の家具が置けなくなったり、生活の動線がうまく作れなかったりする場合も。

    部屋が狭くて後悔した口コミ

    スクロールできます

    ベッド買うんだけど12万か…
    今セミダブル使ってるんだけど部屋が狭いのでシングルに変えようと思って…セミダブル買ったのマジで後悔してる😭

    — し ん🧸乃木坂宮城参戦! (@shinchan441) July 16, 2023

    ②シングルより価格が高い

    サイズが大きくなるにつれて、ベッド本体の価格も上がっていきます。

    例えば、家具メーカーニトリやLOWYA、unicoで販売しているベッドを調べたところ、同じデザインであっても、シングルとセミダブルの価格では5,000円以上の差がついていました。

    スクロールできます
    メーカー名ニトリLOWYAunico
    画像
    シングル29,900円39,980円52,800円
    セミダブル39,900円52,980円59,400円
    差額10,000円13,000円6,600円

    さらに、マットレスやシーツなどの寝具も、セミダブルサイズはシングルより高いんですよね。

    総合的に見てもセミダブルの方が費用がかかってしまうため、後悔する方も多いです。

    うさコ

    特に学生さんの一人暮らしだと、費用を抑えたいところよね・・・!

    セミダブルの方が高くて後悔した口コミ

    スクロールできます

    ③処分のときに困る

    セミダブルはシングルより、処分時の費用が高くなってしまう場合があります。

    以下の表はシングルベッドとセミダブルベッドのフレームの廃棄にかかる費用の相場です。

    シングルセミダブル
    地域の粗大ごみ処理
    ※東京都の場合
    1,200円2,000円
    不用品回収7,000~1万円1万円~1万2,000円

    やはりセミダブルベッドの方が少し高くなりますよね。

    ここに、追加でマットレスも廃棄…となると、更にコストがかかります。

    中には「安めのベッドを選んだのに、処分の方がお金がかかった!」という悲痛の声も…。

    つむぎ

    購入の時には処分のことまで考えていないので、意外な出費に戸惑う方も多いですよ!

    処分コストがかかって後悔した口コミ

    スクロールできます

    ④シーツや布団カバーの種類が少ない

    意外と盲点なのが、ベッドのシーツやかけ布団のカバーの種類。

    シングルやダブルサイズは豊富にあるのに、セミダブルになると種類が少ないなんてことも…

    おしゃれなベッド空間にしたい方にとっては、お気に入りの一枚を探すのも一苦労ですよね。

    うさコ

    種類が少ないから、売り切れやすいなんてデメリットもあるよ!

    カバーやシーツの種類が少ない口コミ

    スクロールできます
    https://twitter.com/masaco_/status/231640398458654720

    ⑤恋人と寝るつもりが破局・・・

    横になった時の距離感が丁度良く、恋人と使用するためにセミダブルを選ぶ方もいます。

    ただ、別れてしまって「広さが虚しい!」と後悔する声も・・・。

    別れたからとベッドを替えるわけにもいかず、そのまま使い続ける方が多数でした。

    つむぎ

    シングルならダメージも小さかったのに・・・って声もありましたよ。

    恋人と別れて後悔した口コミ

    スクロールできます

    一人暮らしでセミダブルを置いて後悔しない人の3つの特徴

    一人暮らしでセミダブルを置いても後悔しない人の特徴
    うさコ

    後悔した理由がたくさんあったけど、一人暮らしならセミダブルは買わない方がいいのかな?

    つむぎ

    そんなことないよ!セミダブルがおすすめの人もいるよ!

    続いては、「セミダブルにして良かった!」と感じた方の声を元に、どんな人におすすめなのかご紹介します!

    調べるうちに見えてきた、セミダブルならではの意外なメリットにも注目です。

    ①睡眠の質を上げたいと思っている

    睡眠の質を上げるならセミダブルがおすすめ。

    ぐっすりと眠るためには、適度な『寝返り』がとても重要だからです!

    寝返りがうまくできないと、次のような身体の不調が出てしまいます。

    • 一部の筋肉に負担がかかる
    • リンパが流れにくく疲れが残ってしまう
    • 熱や水分を発散できず、体温調節に影響が出る

    朝日を浴びる、お風呂にゆっくり浸かる、照明を調整する・・・睡眠の質を上げるためには様々な方法があります。

    毎日20〜30回行われる寝返りも、体調を整える鍵になっていますよ。

    つむぎ

    「寝ても疲れがとれない」という方は、セミダブルの使用で改善される可能性も・・・!

    セミダブルだとぐっすり眠れる口コミ

    スクロールできます

    ②パートナーやペットと一緒に使用を考えている

    恋人がいる場合、お泊まりする時には一緒に寝る場所が必要ですよね。

    毎日2人で寝るには狭く感じてしまいますが、たまに使う分には丁度良いサイズと言えます。

    また、いつも犬や猫と一緒に寝ている方も、ベッドが狭いと気を遣って身体を痛めてしまうもの。

    お互いにストレスなく眠るためにも、パートナーやペットとの使用はセミダブルがおすすめです!

    うさコ

    破局した時を考えると悲しいけど、一人でもスペースにゆとりがあると寝心地が全く違うよ!

    セミダブルだと恋人・ペットと眠れる口コミ

    スクロールできます

    ③ソファー代わりにしたい

    部屋の大きさによっては、ベッドがあるとソファーを置くスペースの確保は難しいですよね。

    そんな時には、思い切ってベッドをソファー代わりにするのも手です!

    朝になったら布団を片付けて、クッションを飾ったらソファーの完成!

    セミダブルだと広さもあるので、趣味を楽しんだりパソコン作業を行ったりと有意義に使えますよ。

    つむぎ

    ベッドを上手く使えば、ソファー代が浮いてお得ですね。

    ソファ代わりに使える口コミ

    スクロールできます

    結局、一人暮らしにおすすめなのはシングル?セミダブル?

    一人暮らしにおすすめなのはシングル?セミダブル?
    うさコ

    結局、一人暮らしにはシングルとセミダブルどっちがいいの?

    実際に置いてみないとわからない部分もあり、決めかねてしまう方も多いと思います。

    ここでは、ずばりどんな人なら一人暮らしの部屋にセミダブルを置いてもいいのかを解説します。

    シングルとセミダブルそれぞれの違いも見比べていくので、

    【結論】部屋が7畳以上でゆったり眠りたい方はセミダブルがおすすめ!

    部屋の大きさが7畳未満だとセミダブルは後悔してしまう可能性が高いです。

    部屋がベッドで埋まってしまい、動線もあまり確保できなくなるからです。

    逆に、部屋が7畳以上あるのであれば不便なく、のびのびとセミダブルを堪能できますよ!

    つむぎ

    6畳と7畳の部屋にセミダブルベッドを置いた図で比べると違いが分かると思います。

    6畳と7畳にセミダブルベッドを置いた場合の図

    6畳にセミダブル
    7畳にセミダブル

    6畳でもセミダブルは置けますが、結構キツキツで生活がしにくそうですよね。

    快適な生活のために6畳以下はシングル、7畳以上でセミダブルと覚えておくと良いでしょう。

    また、「ぐっすり眠れない」「ベッドはのびのびと使いたい」という方にもセミダブルがおすすめ!

    シングルでもある程度はゆったり使えますが、セミダブルの開放感は格別ですよ。

    うさコ

    まずは、部屋の大きさで決めるのが第一歩だね!

    1LDKのお部屋で寝室が3畳しかない場合はどうなの?

    結論を言うと寝るだけの部屋であればセミダブルでOK!ダブルだって置けちゃう!

    上で紹介した7畳以上の基準は「ワンルーム」の場合です。

    一人暮らしをされる方の中には、寝室が別にある1LDKに住む方もいますよね。

    仮に寝室が3畳しかなくても、寝るためだけに使うのであればシングルでもセミダブルでもOK。

    3畳の部屋にシングル
    3畳の部屋にセミダブル
    つむぎ

    かなりギリギリですが、ダブルベッドも置けますよ。

    後悔したくない!一人暮らしでのベッドサイズの選び方3ステップ

    一人暮らしでのベッドサイズの選び方3ステップ

    シングルかセミダブルか・・・ベッドは高い買い物なので、特に悩んでしまいがち。

    「やっぱりもっと小さいのにしよう!」と簡単には買い替えられないからこそ、後悔や失敗はしたくないですよね。

    一人暮らしをする時、どのようにベッドのサイズを選ぶと良いのか?詳しくご紹介します。

    ステップ①部屋の大きさに合わせる

    まずは、ベッドを置きたい部屋の広さで考えるとイメージがしやすいでしょう。

    先程も少し触れましたが、6畳以下であればシングル、7畳以上だとセミダブルが丁度良いですよ!

    6畳にセミダブル
    7畳にセミダブル

    「部屋は小さいけど、どうしてもセミダブルが欲しい!」という方は、ロフトタイプを選択する方法も。

    ロフトタイプはベッド下の空間も有効活用できるので、狭い部屋でも問題なくセミダブルを使用できますよ。

    つむぎ

    部屋の大きさと一緒に、どの場所に設置するかもイメージしておくと失敗を防げますよ。

    ステップ②ベッドでの過ごし方を想像する

    休みの日や仕事や大学から帰ってきて、どんな風に過ごすのか想像してみてください。

    • 夜だけではなく、日中もベッドでゴロゴロ過ごしたい
    • 読書やゲーム、映画などの趣味もベッド上で楽しみたい!

    こんな方もいますよね♪

    一人暮らしでは特に、ソファー兼用として主にベッドで過ごす方が多いです。

    ベッドで過ごす時間が長いのであれば、やはり大きめのセミダブルがおすすめです!

    つむぎ

    ベッドは寝る場所!と区切るのであれば、シングルで十分ですね。

    ステップ③自分の体格に合わせる

    肩幅+40~50㎝が丁度よいベッドサイズ

    肩幅に40~50cm足した長さが、大人が寝返りするのにに必要なベッドの幅と言われています。

    経済産業省の調べによると

    • 男性の平均肩幅:40.5㎝ → +40cmで幅80.5㎝のベッド幅が必要
    • 女性の平均肩幅:35.6㎝ → +40cmで幅75.6㎝のベッド幅が必要

    シングルベッドなら横幅が90~97cmあるので、平均的な体格の方であれば事足ります。

    でも、男性や体格が良い方だとセミダブルの方がゆとりを持って眠れますね。

    睡眠の質を上げるための『寝返り』がストレスなく行えるよう、スペースに余裕を持って選びましょう!

    うさコ

    身体の大きさも考えて選ぶと良いんだね!

    購入に悩んだら家具のサブスクでレンタル!おすすめサービス2選

    家具のサブスクとは

    「セミダブルを買うって決めた!でも、もし失敗したらどうしよう・・・」

    そんな時におすすめなのが、実際に部屋に置いて『お試し』ができる家具のサブスクです。

    もし気に入ったら、そのままレンタル料と相殺して買い取れるサービスもありますよ!

    つむぎ

    私もよく使っている、特におすすめなサービスを2つ紹介します。

    ①1ヶ月から安くレンタルしたいなら『CLAS

    ベッド関連の取り扱い数56アイテム
    最低利用期間1ヶ月
    送料4ヶ月以上レンタルで
    往復無料
    組立・設置有料対応
    商品の購入購入不可
    新品?中古?中古品
    故障時の対応自然故障…無償修理
    過失故障…有償修理
    利用可能地域東京都、神奈川県、
    埼玉県、千葉県
    大阪府、京都府、兵庫県
    支払い方法クレジットカードのみ
    メリット
    デメリット
    • 価格が安い
    • ベッドがおしゃれ!
    • 4ヶ月以上利用で往復送料が無料
    • 1ヶ月からいつでも返却OK!
    • 短期ならコスパ高い
    • 新品が届くわけではない
    • 買取ができない
    • 対応地域が少ない

    お手頃な価格で、お洒落な家電・家具をレンタルできる人気のサービス『CLAS』。

    シングルは月額1,760円(税込)から、セミダブルは月額2,530円(税込)からの安さで利用できますよ!

    CLASはこんな方におすすめ

    • 安くお試しをしてみたい
    • 必要な期間だけレンタルしたい

    よくある家具のレンタルサービスと違って、レンタル期間に縛りが無いのが特徴。

    1ヶ月という短い期間でもレンタルできます。

    うさコ

    期限を決めずにレンタルできるから、気軽に申し込めるよ!

    短期のお試しはもちろん、長く借りると月1,265円でセミダブルが借りられるプランもあるので長期利用もおすすめ♪

    利用から4ヶ月以降で往復送料が無料になって、返却にお金が掛からないのもCLASだけの嬉しいポイントですよ!

    CLASでレンタルできるベッドの一例】

    スノコベッド(シングル)シングルセミダブル
    1,760円/月1,980円/月3,410円/月
    出典:CLAS

    CLASについてもっと知りたい方は、「家具のサブスクCLAS(クラス)とは?」でデメリットも含めて紹介しているのでチェックしてみてくださいね。

    ②ワンランク上の高級感あるベッドを探してるなら『subsclife

    ベッド関連の取り扱い数275アイテム
    最低利用期間3ヶ月
    送料往復有料
    組立・設置有料対応
    商品の購入購入可
    新品?中古?新品のみ
    故障時の修理費負担自然故障…無償修理
    過失故障…無償修理
    利用可能地域全国
    離島、一部山間エリア除く
    支払い方法クレジットカード
    メリット
    デメリット
    • 人気ブランドの取り扱い多数
    • ベッドはすべて新品
    • レンタル価格は定価より実は安い
    • 誤って壊しても、無料で修理をしてもらえる
    • 初期コストを大幅に下げられる
    • ローンに近いサービス
    • 送料・組立・回収などかかる費用が多い

    ノーブランド家具は一切取り扱っていない、ワンランク上の寝室空間を実現できるのが「subsclife」です。

    subsclifeはこんな方におすすめ

    • 本物の木の質感などベッド選びにこだわりたい
    • レンタルして良ければそのまま買い取りたい
    • ブランドベッドを格安で手に入れたい

    本物の木があしらわれているベッドばかり。
    見た目はもちろん、ベッドフレームの質の良さまで重視したい、本物志向の方におすすめです。

    3ヶ月からレンタルできて、長く利用すればするほど月額がお得になるのも特徴ですよ。

    例:ジャーナルスタンダードのシングルベッドの場合

    3ヶ月だと月額17,360円(税込)からとやや高め。

    24ヶ月では月額2,170円(税込)からと一気にリーズナブルに!

    各プラン(3,6,12,24か月)のレンタル期間満了まで借りても、楽天や公式サイトで買うより安いのも嬉しいポイント。

    満了までレンタルしていれば自動的に自分の物にもできます。

    つむぎ

    買うとなると高い憧れのベッドも、レンタルなら手軽に手に入りますよ!

    subsclifeでレンタルできるベッドの一例】

    シングル
    JOURNAL STANDARD FURNITURE
    シングル
    日本ベッド
    セミダブル
    ACME Furniture
    セミダブル
    NOWHERE LIKE HOME
    2,170円/月~2,700円/月~2,960円/月~4,400円/月~
    出典:subsclife

    \ 高品質ベッドを手軽に使ってみたいならココ /

    今だけ会員登録で2,000円クーポンGET →

    subsclifeについてもっと知りたい方は、「subsclife(サブスクライフ)の評判は?」でデメリットも含めて紹介しているのでチェックしてみてくださいね。

    【まとめ】1人暮らしでもセミダブルがぴったりの可能性も!

    一人暮らしにセミダブルはどうなのか?について、後悔した理由を中心にお伝えしました。

    本記事のまとめ

    • 部屋が狭くて、ベッドにお金を掛けたくない人にはセミダブルは不向き。
    • 逆に、睡眠の質を上げたい人やパートナーとの使用にはぴったり!
    • 部屋が6畳未満はシングル、6畳以上でセミダブルがおすすめ。
    • その他、ベッドでの過ごし方や体格もサイズを選ぶ時の決め手に。
    • 購入で悩んだら、レンタルでお試ししてみよう!

    大きさだけで言うと「一人暮らしには邪魔になるのではないか?」と思われがちなセミダブル。

    使い方によってはソファーの代わりにもなって、睡眠だけではなく趣味も楽しめますよ!

    それでもやはり、同じ一人暮らしでも重視する部分はまちまち。

    毎日の良質な睡眠を取るのか、生活しやすい空間を大切にするのか・・・。ベッドのサイズも人それぞれと言えます。

    つむぎ

    生活する上で一番大切にしたい部分と向き合って、自分にぴったりのベッドを選びましょう。

    ベッドのレンタルについては、ベッドをレンタルできるサブスク6選でも詳しく解説していますので是非ご覧ください!

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    目次